プログラム 第93回労働政策フォーラム(2017年10月3日)
子育て世帯の働き方を考える─行政、企業、家庭をつなぐ─

定員に達したため、お申込み受付終了しました 配布資料・講師プロフィールは開催終了後10日以内、開催報告は3,4ヶ月後公開予定です。

少子化の進展に伴い、子育て世帯に対する社会的な支援は着実に進んでいます。その一方で、子育て中の共働き世帯や一人親世帯からは、ゆとりや豊かさを実感できないとの声もあがっています。

本フォーラムでは、子育て世帯が直面している様々な課題を取り上げ、子育て中の男女が活躍できる働き方とは何か、そのためには、どういった仕組みや工夫が必要かを考えます。

日時
2017年10月3日(火曜) 13時30分~17時00分(開場12時45分)
会場
浜離宮朝日ホール 小ホール アクセス新しいウィンドウ (東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社 新館2階)
  • 都営大江戸線・築地市場駅A2出口すぐ
  • 日比谷線・築地駅2番出口,東銀座駅6番出口(徒歩8分)
  • JR線/銀座線・新橋駅(徒歩15分)
主催
労働政策研究・研修機構(JILPT)

プログラム

※事情によりプログラムが変更となる場合があります。予めご了承ください。

13時30分~14時00分

基調講演

筒井 淳也
立命館大学産業社会学部教授

14時00分~14時40分

研究報告

大石 亜希子
千葉大学法政経学部教授
周 燕飛
労働政策研究・研修機構主任研究員

14時40分~15時25分

事例報告

平野 茂
東京都産業労働局雇用就業部労働環境施策担当課長
関根 和子
ライフネット生命保険株式会社コーポレート本部人事総務部オペレーションマネージャー
松林 大輔
At Will Work代表理事

休憩(15分)

15時40分~17時00分

パネルディスカッション

パネリスト

筒井 淳也
立命館大学産業社会学部教授
大石 亜希子
千葉大学法政経学部教授
関根 和子
ライフネット生命保険株式会社コーポレート本部人事総務部オペレーションマネージャー
松林 大輔
At Will Work代表理事
周 燕飛
労働政策研究・研修機構主任研究員

コーディネーター

宮本 みち子
放送大学副学長

お申込みについて

参加費
無料(要予約) ※入場券が必要です。
定員
300名 ※定員に達し次第、お申込み受付を終了させていただきます。
申込方法
定員に達したため、お申込み受付を終了しました
入場券

Web申込の方…受付完了メールに記載のURLより入場券を印刷していただき、当日ご持参ください。

FAX申込の方…9月下旬に郵送します。当日ご持参ください。

その他
会場内での写真撮影・録音録画等はお断りいたします。

お問合せ先

労働政策フォーラム事務局(広報企画課内)

電話:03-5903-6264(平日9時~17時30分) FAX: 03-5903-6114

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツ新しいウィンドウのシステム「スパイラル」を利用しております。