現在実施中のアンケート調査
企業の人的資本情報の「見える化」に関する調査

調査の名称

企業の人的資本情報の「見える化」に関する調査

調査の趣旨・概要

近年、ESG投資(環境、社会、企業統治を重視することが結局は企業の持続的成長や中長期的な収益につながり、財務諸表などからは見えにくいリスクを排除できるという発想に基づく投資)が注目されています。この調査では、企業が残業時間の削減やワークライフバランスにどの程度積極的に取り組み、そうした人的資本に関する情報をどのように開示しているのか、その現状を調べると共に、投資家からはどのような情報・その開示が求められているのかというニーズを把握することを目的としています。ESGへの取り組みに積極的な企業が投資家に選ばれるという好循環を生み出せれば、「働き方改革」の推進にも資することを念頭においた調査です。

調査対象者

企業人事担当者,機関投資家広報担当者,個人投資家

調査実施部署

経済社会と労働部門,雇用構造と政策部門

調査実施期間

企業調査・機関投資家調査:
平成30年1月26日(金曜)~2月16日(金曜)
個人投資家調査:
平成30年1月26日(金曜)~1月31日(水曜)
※終了しました

調査票の配布・回収委託先

企業調査・機関投資家調査:
株式会社 綜研情報工芸
個人投資家調査:
株式会社 バルク

調査に関するお問合せ先

調査の趣旨・内容について

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

雇用構造と政策部門 担当者:
中村 電話:03-5991-5137
経済社会と労働部門 担当者:
渡邊 電話:03-5991-5839

土日祝日を除く9時30分~17時30分(12時~13時昼休み)

調査票の記入方法・締め切りについて

〔企業調査・機関投資家調査〕

株式会社 綜研情報工芸
担当部門 営業企画2部 担当者 中村,矢田,藤井

電話:03-5427-4050(土日祝日を除く9時~17時30分)

(お詫び)「機関投資家調査票」表紙に、調査票の配付・回収委託先業者名が抜けておりました。