労働政策研究報告書 No.4
受講指示後の求職者
―職業訓練と求職活動

掲載日:平成 16 年 4 月 9 日

概要

本報告書では、民間の専修学校に委託して実施している公共職業訓練の受講者で、公共職業安定所により職業訓練の受講を指示された人を対象に行った調査を通じて、職業訓練の受講が受講者の求職?ョにどのような影響を与えるのかを探りました。そのうえで、安定所や教育訓練実施機関では、受講者の職業訓練と求職活動の進行に応じて、どのような点に注意して、職業情報の提供や職業相談を行っていけばよいのか、などを検討したものです。

職業訓練の求職活動に対する効果を向上させるためには、安定所や職業訓練実施機関による専門的な支援が受講生に対して行われることが望ましいと指摘し、職業訓練のそれぞれの段階で必要とされる具体的な支援策を提起しています。

本文

研究期間

平成 15年度

執筆担当者

奥津 眞里
(労働政策研究・研修機構 統括研究員 )

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
研究調整部研究調整課 03(5991)5103
ご購入について
成果普及課 03(5903)6263

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。