労働政策研究報告書 No.21
介護休業制度の導入・実施の実態と課題
―厚生労働省「女性雇用管理基本調査」結果の再分析―

掲載日:平成 17 年 3 月 31 日

概要

本報告書は介護休業制度導入の現況を整理したものです。厚生労働省「女性雇用管理基本調査」(平成 8年度、11年度、14年度)のデータから、法定基準を上回る制度を導入している事業所の割合とその年次推移、制度の内容について分析・検討しました。

その結果をもとに、(1)働きながら家族の介護を行う労働者に対する援助措置(短時間勤務制度やフレックスタイム制など)の充実、最長利用期間の検討、(2)就業規則などによる介護休業制度の明文化、休業中、休業後の労働条件等の明示、(3)介護を行う労働者や経済的援助を行う事業所への支援施策の充実、(4)介護休業取得率の算出方法の検討、などを提起しています。

本文

研究期間

平成 16年度

執筆担当者

堀田 千秋
労働政策研究・研修機構 主任研究員

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
研究調整部研究調整課 03(5991)5103
ご購入について
成果普及課 03(5903)6263

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。