労働政策研究報告書 No.50
仕事と育児の両立支援
―企業・家庭・地域の連携を―

掲載日:平成 18 年 3 月 8 日

概要

本書は仕事と生活の両立に向けた課題を総合的に調査するために、基礎作業として実施した研究の成果をまとめたものです。一つの大きな焦点である「仕事と育児の両立」について、既存の調査データの二次分析を通して両立支援の現状と課題を明らかにしています。

分析の結果によると、働く女性の多くが出産に伴い仕事を退職しており、仕事か育児かの二者択一の状況に置かれています。こうした状況を克服するには、企業や家庭や地域社会による支援が柔軟かつ有機的に連携できるような支援体制の構築が重要であることなど、両立支援の課題を提示しています。

本文

研究期間

2004 ~ 05 年度

執筆担当者

今田 幸子
労働政策研究・研修機構 統括研究員
池田 心豪
労働政策研究・研修機構 研究員

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
研究調整部研究調整課 03(5991)5103
ご購入について
成果普及課 03(5903)6263

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。