労働政策研究報告書 No.54
教育訓練サービス市場の需要構造に関する調査研究
―個人の職業能力開発行動からみる―

掲載日:平成 18 年 4 月 28 日

概要

当機構では研究プロジェクト「職業能力開発に関する労働市場の基盤整備の在り方に関する研究」を立ち上げ、教育訓練サービス市場の特性を供給構造と需要構造から明らかにし、さらにこれらの成果を踏まえて教育訓練サービス市場の現状を評価し、政策上の課題を抽出することを作業方針として、調査研究を進めてきました。

供給構造については、労働政策研究報告書№ 24『教育訓練プロバイダーの組織と機能に関する調査−教育訓練サービス市場の第一次調査−』、同№43『同−教育訓練サービス市場の第二次調査−』としてとりまとめたところです。

平成 17年度(2005年度)は、需要構造を明らかにするために、個人を対象として、教育訓練サービスを受講する側の(1)能力開発ニーズ、(2)教育訓練行動を制約する条件、(3)現在及び過去の教育訓練行動、(4)受講した教育訓練の評価、などを調査・分析し、その成果を本報告書にまとめました。

本文

研究期間

平成 17 年 4 月 ~ 平成 18 年 3 月

執筆担当者

今野 浩一郎
労働政策研究・研修機構 特別研究員、学習院大学 経済学部教授
横山 知子
労働政策研究・研修機構 副主任研究員
田口 和雄
高千穂商科大学 助教授
大木 栄一
職業能力開発総合大学校 能力開発専門学科 助教授
藤波 美帆
労働政策研究・研修機構 臨時研究協力員、学習院大学大学院 博士後期課程

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
研究調整部研究調整課 03(5991)5103
ご購入について
成果普及課 03(5903)6263

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。