労働政策研究報告書 No.70
多様な働き方をめぐる論点分析報告書
―「日本人の働き方総合調査」データの総合的分析―

掲載日:平成 18 年 9 月 15 日

概要

当機構では雇用・就業形態の多様化をめぐる課題に対応するため、平成 17 年( 2005 年)8月から9月にかけて「日本人の働き方総合調査」を実施しました。その結果については調査シリーズ No.14 「日本人の働き方総合調査―多様な働き方に関するデータ」、労働政策レポート Vol.5 「多様な働き方とその政策課題について」として公表したところです。本報告書は調査結果のデータをさらに掘り下げ、総合的に分析した結果をとりまとめたものです。

多様な働き方に 関する総合的な論点として 、「経済的従属性」と「人的従属性(労働者性)」とによる類型化を行い、(1)経済的従属性、人的従属性とも大きい「典型的な雇用労働」、(2)経済的従属性は大きいが、人的従属性は小さい「隠された従属労働」、(3)経済的従属性は小さいが、人的従属性が大きい「いわゆる『縁辺労働力』、(4)経済的従属性、人的従属性とも小さい「典型的な個人事業主」という4つの類型区分を抽出しました。それぞれの働き方が4類型のどこに分布しているのかを整理したうえで、各類型に応じた政策の方向性を考察しています。

そのほか、パートタイマーや派遣社員などに関する各論についても、データにより分析しています。

本文

研究期間

平成 17 年 4 月~ 18年 7 月

執筆担当者

浅尾 裕
労働政策研究・研修機構 主席統括研究員
神谷隆之
労働政策研究・研修機構 主任研究員

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
研究調整部研究調整課 03(5991)5103
ご購入について
成果普及課 03(5903)6263

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。