労働政策研究報告書 No.104
学校段階の若者のキャリア形成支援とキャリア発達
―キャリア教育との連携に向けて

平成 20 年 10月 31日

概要

若者の自立支援に当たっては、平成 15年6月に、「若者自立・挑戦プラン」が作成されて以来、関係府省の連携強化が進められてきました。労働行政においては、新規学卒者の職業紹介を軸にした従来からの連携に加え、ある場合には学校段階のキャリア教育を側面的にサポートし、またある場合には直接、学校段階の若者のキャリア形成を支援する施策を展開するといった柔軟な学校との関わりが進んでおり、このような労働行政と学校の連携は、今後もより一層、重要になるものと思われます。

一方、キャリア選択に係る意思決定前には、自己理解、職業理解、職業に対する啓発的経験のステップが必要とされていますが、現在、これらに関する様々な取り組みは、経験上、効果的であることが示されてはいるものの、その背景にある理論的な基盤や客観的・実証的なデータは十分ではありません。さらに、学校段階の若者がキャリア選択の意思決定を行う前段階における支援の効果や影響等に関する実証データに基づいた分析についても、十分になされているとは言い難い状況にあります。

そこで、本研究では、学校段階の若者に対するキャリア形成支援に関して、(1)職業理解を行うための「情報」、(2)自己理解の支援ツールとしての「テスト」、(3)職業に関する啓発的「体験」の実施、の3つの側面を取り上げ、基礎的な実証データを示すとともに、キャリア教育と労働行政との連携に向けた政策的な示唆を提言しています。

本文

研究期間

平成 19年度

執筆担当者

下村 英雄
労働政策研究・研修機構 副主任研究員
室山 晴美
労働政策研究・研修機構 主任研究員
西村 公子
労働政策研究・研修機構 統括研究員
菰田 孝行
労働政策研究・研修機構 アシスタントフェロー

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
研究調整部 研究調整課 03(5991)5104
ご購入について
成果普及課 03(5903)6263 

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。