労働政策研究報告書 No.95
失業率の理論的分析に関する研究
中間報告

平成 20 年 3月 24日

概要

本書は「失業率の理論的分析に関する研究会」の現段階までの研究成果を中間報告としてとりまとめたものです。失業率の概念整理を行うとともに、UV曲線(失業・欠員曲線)を用いたUV分析と修正フィリップス曲線を用いたNAIRU(インフレを加速させない失業率)に関し、理論的枠組み、実証面の課題、両者の関連性について考察を進め、構造的・摩擦的失業率(均衡失業率)の試算をいくつか行いました。さらに失業構造の実態把握や失業の変動要因についてマクロモデルも含め概観・整理を行いました。

分析の結果、 1990 年代後半に、構造的・摩擦的失業率が上昇し、経済社会、労働市場の構造変化が生じた可能性が示唆されました。

本文

研究期間

平成18~19年度

執筆担当者

藤井 宏一
労働政策研究・研修機構 統括研究員
天利 浩
労働政策研究・研修機構 アシスタント・フェロー
太田 聰一
慶応義塾大学教授
中村 二朗
日本大学大学院教授
坂口 尚文
(財)家計経済研究所研究員

入手方法等

入手方法

刊行物のご注文方法をご確認ください。

お問合せ先

内容について
03−5903−6235(雇用戦略・藤井)
ご購入について
成果普及課 03(5903)6263 

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。