資料シリーズ No.23
2006年度 労働力需給の推計
―都道府県別将来推計―

平成 19 年 3 月 19日

概要

当機構では就業形態の多様化、少子・高齢化の進展等労働市場の変化に対応して2004年度から継続的に労働力需給の将来推計を行っています。

2006年度は今後の労働政策の検討に資することを目的とし、労働力需給について、2030年までの将来予測を都道府県別に推計しました。

本文

執筆担当者 ※所属は2007年3月1日現在

秋山 恵一
労働政策研究・研修機構 情報解析部情報解析課長

入手方法等

お問合せ先

内容について
調査・解析部  03(5903)6272

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。