資料シリーズ No.30
有期契約労働者の育児休業
―ヒアリング調査結果報告―

平成 19 年 7 月 5日

概要

本書は厚生労働省の要請研究「有期契約労働者の育児休業等の利用状況に関する研究」の中間的なとりまとめであり、有期契約労働者が育児休業を取得した実績のある企業とその企業で育児休業取得経験のある有期契約労働者を対象に実施した、ヒアリング調査の結果を報告しています。

ヒアリング調査では、有期契約労働者の育児休業制度の規定、休業取得者の特徴と休業取得阻害要因、企業の有期契約労働者活用方針と育児休業制度の関係を取り上げました。調査対象企業は、育児・介護休業法改正から短い期間に有期契約労働者の育児休業取得の実績をあげており、モデルケースとなる事例です。こうした企業の報告から、多様な有期契約労働者の働き方に対応した育児休業制度の課題が示唆されています。

本文

執筆担当者

池田 心豪
労働政策研究・研修機構 研究員

入手方法等

お問合せ先

内容について
研究調整部 研究調整課 03(5991)5103

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。